名古屋OLグルメ本

ブラックホールの胃を持つ管理人が食べ歩いた記録です。720記事程になりました。

Take a look at this

すし通 東京 六本木

 27, 2016 07:25
テレビで観てから何年も行きたかったお店。
東京都港区西麻布にあります「すし通」さん。
お店と言うより大将に会いたかったのです。
一部は18時から二部は20時30分から始まります。


CIMG1649.jpg


おつまみとお寿司が交互に出ます。

せりとほたて
CIMG1651.jpg


2週間熟成 大間の本マグロのトロ
CIMG1653.jpg
これがテレビで見ていた「名刺代わり」のお寿司ですね。
50もの隠し包丁が入っています。

熟成させているのでねっとり感がすごい。
ねっとり感の中に甘味もあり絶品としかいいようがないです。
グルメなお友達もこのお寿司にはびっくりしていました。


かつおのたたき
CIMG1655.jpg
横に添えられているのは、ゆず胡椒。
かなり辛いのでそのまま食べてみてからつけてくださいと言われました。
今まで食べたことがないくらい辛くてびっくり。
おとなしくポン酢で楽しみました


3日熟成ぼたんえび
CIMG1657.jpg
えびのねっとり感が増します。


八角(ハッカク)塩焼き
CIMG1660.jpg
名古屋では聞いたことないお魚ですね。
白身のお魚ですね。たちうおのような感じです。


ぶり
CIMG1663.jpg


自家製からすみ
CIMG1666.jpg
大きなオレンジの塊が出てきました。つけものかと思ったらからすみでした。
少しずつかじりながらお召し上がりくださいといわれ日本酒片手にちびちびと楽しみました。
やわらかくて噛み締めるとからすみの味がしっかり感じられます。



ふぐの白子がけ鯛
CIMG1668.jpg
とろとろとした白子が鯛の上に載っています。
口に入れると白子の味がふわーと広がります。


のどぐろ昆布締め
CIMG1669.jpg


CIMG1670.jpg
美しい銀色ですね。重みをしっかり感じられます。

さわらの昆布つつみ
CIMG1674.jpg
昆布に包まれているさわら。
昆布の香りがほんのりついて旨味が増しております。


CIMG1678.jpg
なすの形をした麸もかわいい♡


小柱
CIMG1679.jpg
たくさんのっていました。
このねっとり感と甘みにいつも感動。


せいこ蟹
CIMG1684.jpg
今月3回目のせいこ蟹。
ほぐしてもらって卵と一緒にいただける幸せ最高です。


金目鯛昆布締め
CIMG1686.jpg
きれいなピンク色ですね。
皮目を焼いているので香ばしい。


博多柚子めんたいおろし
CIMG1693.jpg
かなりさっぱりしています。
お口直しにピッタリ。


トロたく軍艦巻き
CIMG1695.jpg
トロとたくあんを軍艦巻きにしています。
なめらかなトロとたくあんのシャキシャキ感が絶妙。



まながつおの紅梅あげ
CIMG1698.jpg
梅がほんのり酸っぱくてこちらも良い口直し。


穴子 しお
CIMG1701.jpg
たれが美味しいと思ってましたが。
塩も穴子の甘みが引き立ってかなり美味しい。
柚子の香りで味が引きたちます。
ほろりと解ける食感は何度食べても癖になる。


バフンウニ
CIMG1703.jpg
板さんの前に出てきたウニが大きすぎてびっくり。


15590293_1861657627399917_883980996017529356_n.jpg
それをそのまま乗せたのでさらにびっくり。
シャリが見えません。

以前土方さんで大将に教えてもらった横食べを実行しました。
すんなり口に入りました。甘みのあるウニでスイーツのようでした。
信じられない美味しさ。

本日わたしたちの前に握ってくれた板さんは「分とく山」出身で今度からお店を任されるようです。
上品なお方でした。

残念ながら現大将の藤巻さんは12月いっぱいで辞められるそうです。
テレビでお見かけしてからずっと来たかったお店。
大将に最後に会えたのも、会いたい気持ちが伝わったのですね。

いつかどこかでまたお店を開かれたら、今度は大将の握ったお寿司を食べたいなと思いました。


店名 江戸前鮓 すし通 (すしつう)
TEL 03-3404-2622
住所 東京都港区西麻布3-1-15 RFビルB1F
交通手段 六本木駅徒歩8分
六本木駅から519m
営業時間 [平日、土曜日] 11:30~13:30
夜 1部18:00~20:00 2部20:30~22:30
定休日 水曜昼 日曜日、祝日

Tag:東京都

COMMENT 0

WHAT'S NEW?