名古屋OLグルメ本

ブラックホールの胃を持つ管理人が食べ歩いた記録です。720記事程になりました。

Take a look at this

ラス (L'AS) 表参道 東京

 04, 2016 08:09
CIMG4967.jpg
CIMG4971.jpg
東京に行くお店に迷いすぎていたら、直前になってしまいどうしたものかと思っていたら
偶然空いているのを見つけ予約することができました。

人気店なので21時からの予約でした。
実はそれが正解で行きたかった美術館にも行くことができました。

表参道→上野→表参道と2回も1日で来ることになりましたけど美味しいもののためですから。

お店に入るとお客さんで席は埋め尽くされてました。

CIMG4974.jpg
1ドリンクは頼まなくてはいけません。
ワインの説明は早くボトルもすっと持って行ってしまうので何を飲んだか記憶がうすいです…

初夏の味わい スイカ・梅干し
CIMG4982.jpg
前回も梅干しを使っていた料理がありましたが梅干を押しているのでしょうか。
爽やかなジュース。

L'ASスぺシャリテ フォアグラのクリスピーサンド 
CIMG4984.jpg
CIMG4987.jpg
定番のフォアグラのクリスピーサンド。フォアグラをジャムでコーティングしていますが
早く食べないと溶けてきてしまいます。

鮎のリエットと百合根のスープ エストラゴンを浮かべて
CIMG4990.jpg
鮎の身と内臓を合わせたリエットは、苦味が強いです。
優しい味の百合根スープが中和してくれていますが苦さが口に残ります。

スイス産チーズ テット・ド・モアンヌを味わう 白い一皿
CIMG4993.jpg
薄長いズッキーニにバナナとチーズとアーモンドが載っています。
運ばれてきた時からバナナの香りがすごくしました。
チーズとバナナはよく合うことを初めて知りました。

ヤングコーン 帆立貝のフリット
CIMG4998.jpg

CIMG5002.jpg
フリットは重いイメージがありましたがここは、サクッと中はふんわり。
上にフリットが隠れるぐらいヤングコーンのひげがたっぷり乗っていました。
ヤングコーンが生で出回るのが5月から7月頃。ひげに栄養があるので家ではグリルで丸焼きしてよく楽しんでます。
でてきた時は、うれしかったですね。
コーンは少しぱさっとしましたが、ひげのみずみずしさがあったのでバランスとれていました。

CIMG5005.jpg
お肉の前に赤ワイン。

オーストラリア産 熟成ヒレ肉の塩釜包み焼き キノコと赤ワインのソース
CIMG5003.jpg
CIMG5008.jpg
岩塩で包まれていたのを撮らせてもらいました。焦ったのでぶれていてごめんなさい・・・
お肉はこってり系が多いですね。
塩釜焼きで味がしっかりついているのでそのままでも肉のうまみは十分感じられました。
見た目から想像するより柔らかく、赤身もきれいでした。

ミニトマトのコンポート バジルジュレ
CIMG5009.jpg
お肉あとの口直し。結構トマトが大きいのでお腹が一杯だとヘビーかな。
トマトもジュレだけでも良いかもしれませんね。
最初はそのまま、その後はオリーブオイルをお好みで掛けていただきます。
さっぱりを好むのならオリーブオイルは無しのほうが良いです。

マンゴーとココナッツのニョッキ パッションフルーツのソース
CIMG5016.jpg
ココナッツクリーム味のニョッキにマンゴーとマンゴーシャーベットが乗っています。
ニョッキはもっちもちだけれどもつるんとしていて口当たりはなめらか。
熱さも吹き飛ばすさっぱりなデザート。

CIMG5019.jpg
CIMG5020.jpg
ハーブティーは蒸らす時間が必要です。
葉っぱがけっこうでます。

食べている間にお誕生日の方が何人かいらっしゃってお祝いをしていました。
客層は女性が中心ですが、大学生ぐらいから年配の方まで幅広いです。表参道と外苑前のちょうど中間地点にあるお店で大通りから外れますが、この立地で5,000円で夜にいただけるのはラスさん以外思いつきません。

斬新なお料理も多くていつもびっくりさせられてます。
お店の方の人数は多いですが説明が早い人もいるのでもっとゆったりして欲しいかな。

店名 ラス (L'AS)
TEL 080-3310-4058
住所 東京都港区南青山4-16-3 南青山コトリビル 1F
営業時間:(ランチ)[土・日・祝日のみ]12:00~15:00(L.O.13:00)、
[平日・土](ディナー)17:30~22:30(L.O.)、[日・祝日]17:30~22:00(L.O.)

Tag:東京都

COMMENT 0

WHAT'S NEW?