名古屋OLグルメ本

ARTICLE PAGE

28 2015

レフェルヴェソンス (L'Effervescence) 表参道 東京

P5028979.jpg

おでかけコース

今日のワインたち
P5028981.jpg

P5028982.jpg

グリーンアスパラガス 桜海老 アーモンドを2口で
P5028985.jpg
写真が暗くて申し訳ないです。すくって食べると桜エビの香りがふわっとします。

花たち
アイナメをプリっと焼いて桜の花のブールブランと蕗の薹のピュレ
山独活 たらの芽 八朔の葉のオイル 白味噌のエミュルション 野生の胡椒、パンプルネル

P5028992.jpg
蕗やたらの芽の苦みが感じられる一品。お魚はもちろん美味しいのだけれども
春の山菜が際立つ一品でした。

定点
丸ごと火入した蕪とイタリアンパセリのエミュルション、バスク黒豚のジャンボンセック&ブリオッシュ

P5029001.jpg
毎回出てくる蕪のお料理。季節ごとの蕪を楽しみます。

春の温度
フォアグラのナチュレル、金美人参のピュレとそのキャロットケーキのかけら、サントモール&セミドライトマト、
しょっつるのキャラメルと芹の葉

P5029004.jpg
フォアグラを色々な組み合わせで食べれるお皿。
一口目そのまま、二口目人参ピュレと三口目セミドライトマトと。
自分の好きな組み合わせを見つけてくださいとのお店の方の言葉に色々試しました。

寒さの下の春
石黒牧場のホロホロ鶏を炭火で、ソテーした白菜のエキス、新筍、マッシュルームの砂

P5029011.jpg
鶏が表面以外はすべて柔らかくに感動しお店の方に尋ねたところ
「低温で調理をしなおかつ硬くなったところをそぎ取り表面だけかりっと焼いて出しています。」と特別に教えて頂けました。

レフェルヴェソンズのホールの方はみなさん料理の知識が豊富です。

春よ恋
えづれ農園のとちおとめと北海道小麦のクレープ、富士酢のギモーヴと桜の葉香るアイスクリーム、
柚子の花びらと焼酎を一杯

P5029022.jpg
イチゴが沢山。もちっとしたクレープにアイスとイチゴなんて美味しいはずですよね。

今回もお誕生日プレート登場。
P5029021.jpg
ろうそく以外は食べれます。オレンジの香りがする焼き菓子。

小菓子
P5029028.jpg
チュッパチャップスは健在。ヨモギクリームサンド、桜餅など。

また飲んでしまいましたハーブティー
P5029026.jpg

今回のメインで接客して下さった方は以前お伺いした方と違いましたがとてもお話をしてくださり
3時間以上も滞在してしまいました。

また季節を変えてお伺いしたいです。

店名 レフェルヴェソンス (L'Effervescence)
TEL 03-5766-9500
住所 東京都港区西麻布2-26-4
営業時間 ランチ 12:00~16:00(13:30L.O) ディナー 18:00~23:30(20:30L.O)
定休日 月曜日を中心に月8日

東京都

0 Comments

Leave a comment