中国茶房8 六本木 東京

 30, 2015 09:15
フレンチをお昼にしっかり食べたので夜は軽く食べようかなと思い
思い出したお店。以前行ったのは8年位前かな。

グランドハイアットのすぐ横にあり立地は最高。
階段を上るとお店かなり広いですがお客さんで満席でした。

と言うのも世間はGWが始まる前日。サラリーマンの人たちで賑わってました。
そして案内された席は大きく賑わっている人の隣。
うるささが気になるけどさくっと食べちゃいましょう。

バンバンジー
P5018924.jpg
小皿料理は比較的安め。
最初につまむのにいいですね。

豚肉チャーハン
P5018925.jpg
色にびっくりしましたがパラパラで量も多い。

中華海鮮おこげ
P5018927.jpg
おこげを見たら頼まずに入られない。
野菜や海鮮がたっぷりのおこげ。

海鮮水餃子
P5018932.jpg
注文してから作り始めるので時間がかかります。
水餃子は大きく具が沢山です。

軽く食べましたが結構お腹いっぱいになりました。

24時間営業なのと羊の丸焼きやサソリ料理など他では食べられないような料理がたくさんあるので
また色々食べに再訪したいなと思いました。

店名 中国茶房8 六本木店 (チャイニーズカフェ・エイト)
TEL 03-5414-5708
住所 東京都港区西麻布3-2-13 コートアネックス六本木 2F
定休日 無休

Tag:東京都

P5028979.jpg

おでかけコース

今日のワインたち
P5028981.jpg

P5028982.jpg

グリーンアスパラガス 桜海老 アーモンドを2口で
P5028985.jpg
写真が暗くて申し訳ないです。すくって食べると桜エビの香りがふわっとします。

花たち
アイナメをプリっと焼いて桜の花のブールブランと蕗の薹のピュレ
山独活 たらの芽 八朔の葉のオイル 白味噌のエミュルション 野生の胡椒、パンプルネル

P5028992.jpg
蕗やたらの芽の苦みが感じられる一品。お魚はもちろん美味しいのだけれども
春の山菜が際立つ一品でした。

定点
丸ごと火入した蕪とイタリアンパセリのエミュルション、バスク黒豚のジャンボンセック&ブリオッシュ

P5029001.jpg
毎回出てくる蕪のお料理。季節ごとの蕪を楽しみます。

春の温度
フォアグラのナチュレル、金美人参のピュレとそのキャロットケーキのかけら、サントモール&セミドライトマト、
しょっつるのキャラメルと芹の葉

P5029004.jpg
フォアグラを色々な組み合わせで食べれるお皿。
一口目そのまま、二口目人参ピュレと三口目セミドライトマトと。
自分の好きな組み合わせを見つけてくださいとのお店の方の言葉に色々試しました。

寒さの下の春
石黒牧場のホロホロ鶏を炭火で、ソテーした白菜のエキス、新筍、マッシュルームの砂

P5029011.jpg
鶏が表面以外はすべて柔らかくに感動しお店の方に尋ねたところ
「低温で調理をしなおかつ硬くなったところをそぎ取り表面だけかりっと焼いて出しています。」と特別に教えて頂けました。

レフェルヴェソンズのホールの方はみなさん料理の知識が豊富です。

春よ恋
えづれ農園のとちおとめと北海道小麦のクレープ、富士酢のギモーヴと桜の葉香るアイスクリーム、
柚子の花びらと焼酎を一杯

P5029022.jpg
イチゴが沢山。もちっとしたクレープにアイスとイチゴなんて美味しいはずですよね。

今回もお誕生日プレート登場。
P5029021.jpg
ろうそく以外は食べれます。オレンジの香りがする焼き菓子。

小菓子
P5029028.jpg
チュッパチャップスは健在。ヨモギクリームサンド、桜餅など。

また飲んでしまいましたハーブティー
P5029026.jpg

今回のメインで接客して下さった方は以前お伺いした方と違いましたがとてもお話をしてくださり
3時間以上も滞在してしまいました。

また季節を変えてお伺いしたいです。

店名 レフェルヴェソンス (L'Effervescence)
TEL 03-5766-9500
住所 東京都港区西麻布2-26-4
営業時間 ランチ 12:00~16:00(13:30L.O) ディナー 18:00~23:30(20:30L.O)
定休日 月曜日を中心に月8日

Tag:東京都

東京に以前住んでいた方のお勧めのお店として紹介して頂きました。
中々予約の取れないお店ですが運よく取ることができました。

お店はグランドハイアットから5分位のところにあります。

豚の塩漬けチーズシュー
P5018820.jpg

人参のムースとコンソメのジュレ
P5018824.jpg
お店のスペシャリテ。たっぷりのジュレに雲丹が隠れています。

サーモンマリネ タルタルとラディッシュ 山わさびのソース にじますのたまご
P5018828.jpg
わさびが苦手なので少し弱めにして頂きました。
厚切りなとろけるようなサーモンにお野菜が彩りが綺麗でした。

真鯛のポワレ 小松菜、プルノット
P5018829.jpg
お出汁のきいたポワレでした。プルノットという香り高いキノコも一緒に頂きます。

頬肉のマデラ酒ソース
P5018832.jpg
ホロホロのお肉。

豚煮こごりテリーヌ(豚、頬、舌)
P5018834.jpg
少し想像と違いましたが豚の色々なところが味わえる一品。
マスタードが効いていて少し内臓系の味が感じられます。

デザート
P5018836.jpg

P5018839b.jpg

お誕生日なのでメッセージを頂きました。
誕生日を知っている人はいつ行ったかわかっちゃいますね。

帰りにはシェフが自らお見送りに来て下さいました。
シェフは毎年海外に研修に行っている研究熱心な方です。

正統派のフレンチを頂きたいときはまた伺いたいお店です。

店名 ル・ブルギニオン (Le Bourguignon)
TEL 03-5772-6244
住所 東京都港区西麻布3-3-1
営業時間
11:30~15:30(L.O.13:00)
18:00~23:30(L.O.21:00)
定休日 水曜・第2火曜

Tag:東京都

黒豚屋 らむちぃ

 19, 2015 09:01
夜遅くに食事する時に重宝しているらむちぃさん。

ラシックの近くにあるけれども地下にひっそりあるので初めての人は
非常に入りにくいです。私達の前に初めてらしき方がいましたが恐る恐る入っていったような・・・

グルメ ドバイ 075

グルメ ドバイ 076
グルメ ドバイ 077

いつも頼むのは「ヒレカツ 小 味噌だれ追加」です。
小といってもかなりボリュームがあり「キャベツ ご飯 赤だし おかわり自由」です。
食後にコーヒー・紅茶・フルーツジュースかシャーベットが選べます。

ガッツリ食べてお腹いっぱいになり満足して帰りました。
近くで働いていたらランチもお値打ちでおすすめです。

店名 黒豚屋 らむちぃ
TEL 052-241-1664
住所 愛知県名古屋市中区栄3-15-6 栄STビル B1F
営業時間
[月~土] 11:00~15:30 17:30~23:00(L.O.22:30)
[日・祝] 11:00~15:00 17:30~22:30(L.O.22:00)
定休日 無休

Tag:栄・矢場町

レミニセンス

 17, 2015 09:26
名古屋にも斬新なお店ができたとオープン当初から話題のお店。
駅からも遠くビルの2階にあり看板等が出ていないため知っていない人は辿りつけないお店です。

平日のランチということで私達の周りは上品な奥様たちばかり。
ランチコースにシャンパンとハーフワインセットを付けて頂きました。

s-グルメ ドバイ 873
シャンパンデ乾杯。

安芸市産うに いくら ユリ根ムース ブロッコリーを葛粉のチュイールに乗せて
グルメ ドバイ 874
一口で食べれるフィンガーフードです。
口の中で旨味がふわっと広がります。

s-グルメ ドバイ 882
パンはもちもちです。

グルメ ドバイ 877

鰆 ほおずきのピュレ キャベツ 文旦とほおずき
グルメ ドバイ 879
脂の乗った鰆にさっぱりなほおずきと文旦がたっぷり乗っていました。
骨がしっかり入っていたのでちょっとびっくり。

サラダ シャルドネビネガー 15種類のハーブ。 カリカリ生ハム
s-グルメ ドバイ 883

沢山の野菜やハーブを使ったサラダ。酢が効いています。

ブルゴーニュ
s-グルメ ドバイ 884

シャインマスカット 鰻の白焼き 白ワイン ビネガージュレ
s-グルメ ドバイ 885
お店のスペシャリテ。
白ワインの香りは感じられませんでしたがかりふわに焼かれた鰻に爽やかなシャインマスカットを合わせて頂きました。

s-グルメ ドバイ 889

スギタケ インカのめざめ コウタケのソース
s-グルメ ドバイ 891
中は低温で3時間ほどじっくり火を通して外はカリッと香ばしくした羊です。
中のお肉のピンク色と肉の柔らかさは最高。
臭みが少し強かったかな。

ミカンのデザート
s-グルメ ドバイ 893
ミカンゼリーの上にミカンの凍らせたもの一番上にはミカン削ったものが乗っています。

無花果 フリット 生 赤ワインコンポート アイスクリーム
s-グルメ ドバイ 894
4種類の無花果が味わえるデザート。
山羊乳のヨーグルトや凍頂烏龍茶のサブレ添えてありお皿一つで何重にも楽しめました。

s-グルメ ドバイ 895
食後にカフェオレーを。
普段は飲まないのですが説明を読んだら美味しそうで頂きました。
香り高いコーヒーでした。

ゆっくり時間を掛けて堪能したいそんなお店でした。

店名 レミニセンス (Reminiscence)
ジャンル
フレンチ
TEL 052-228-8337
住所 愛知県名古屋市中区栄2-15-16 コンフォート栄 2F

営業時間
[ランチ]
12:00~13:00(L.O.)
[ディナー]
18:00~20:00(L.O.)
定休日

Tag:栄・矢場町

WHAT'S NEW?