ル・モノポール

 28, 2017 07:34
本日はワイン持ち寄り会にお誘いいただきました。
名古屋市千種区のル・モノポールさん。

CIMG3726.jpg


CIMG3727.jpg



CIMG3732.jpg
マグナムの泡で乾杯。


ラングスティーヌのフラン
CIMG3738.jpg
手長海老のフラン。
特徴的なスプーンで頂きます。
卵は柔らかめ上のスープは絶品。


フレンチドッグ
CIMG3740.jpg
中身フォオグラ、豚肉など。
皮は竹すみを練り込んだもの。
皮はふわふわ。

CIMG3750.jpg
中からは肉汁を含んだ具がたっぷり包まれていました。
食べていたら脂で棒から落ちてきたので手でパクリとしてしまいました。

CIMG3754.jpg

CIMG3760.jpg


三河産真鯛マリネのサラダ仕立て 春菊のソース
CIMG3763.jpg
ビネグレットソースもかけてありかなりさっぱり。
キャビアものせてありぜいたくなサラダでした。


CIMG3766.jpg


パンにつけるのは右から
燻製、アーモンドオイル 無塩バター
CIMG3770.jpg


CIMG3776.jpg


フランス産ホワイトアスパラと帆立のポワレ
クレピデュールとソースブールブラン

CIMG3774.jpg
ホワイトアスパラとほたての間にはカダイフ。
食べ進めていくうちにカダイフの変化が楽しい。
アスパラのみずみずしさを噛み締めながらソースはたっぷりからめて。

CIMG3780.jpg



クロムツのムニエル
セミドライトマトとブールノワゼット

CIMG3786.jpg
トマトの甘味と食感がムツの身と混ざり合うとさらに素敵な味に♡
モンサンミッシェル貝から良いお出しがでていました。


CIMG3791.jpg



フランス産ピジョンのロティ ジュとソースヴァンルージュ
CIMG3802.jpg
ランス産のピジョンです。
コリコリししながらもぷりっとしたピジョンは、
赤ワインによく合います。


バローナショコラのオムレット
CIMG3806.jpg
バレンタインが近かったのでバレンタイン仕様。
ナイフを入れるとトロ~リとビターなチョコが溢れ出します。
上にはロイヤルミルクティーのアイスが乗っています。
濃厚なデザート。


CIMG3808.jpg
紅茶


小菓子
CIMG3810.jpg
ギモーヴ、ゼリー、チョコ

最後にチロルチョコも貰っちゃいました。


CIMG3812.jpg
1人1本以上のワインだったのでかなり酔っ払ってしまいました。
今回の会のみなさんは、ワイン会やチーズの会に定期的に参加されている方で
資格も持っている方たち。
有意義なお話がたっぷり聞けました。

店名 ル・モノポール (Le Monopole)
TEL 052-726-6231
住所 愛知県名古屋市千種区上野3-8-22 グランディア池下 1F
交通手段 池下駅より徒歩15分
営業時間 11:30~15:00(LO.14:00) 18:00~23:00(LO.20:00)
定休日 月曜日・第二日曜日

Tag:千種区

イレテテュヌフワ (Il etait une fois)

 19, 2017 07:20
おとぎ話の国へ行ってきました。
名古屋市千種区の覚王山の住宅街にあります「イレテテュヌフワ 」さん。

CIMG3248.jpg
以前は同じ場所で「シェ・小杉」さんで営業されていましたが奥様の誕生日から
今のお店として「イレテテュヌフワ 」さんとして始められたそうです。
トイレには「シェ・小杉」さんの時の看板が飾られています。

CIMG3428.jpg
入り口を開けるとかわいいウサギの執事さんが目に入ります。

そして、お店に入るとかわいらしいマダムが迎えてくれます。

CIMG3251.jpg
机には本が3冊乗っていました。


CIMG3259.jpg
1冊目はナプキン、2冊めはショップカード。


CIMG3256.jpg
3冊目は中にヘーゼルナッツとアーモンドのクッキーが入っていました。

さてこれから物語が始まります。

バケッドラビットのパン。
CIMG3300.jpg
7種類を少しづつ出してくれます。
食べ終わった後は好きなのを何度でもお代わりできます。

マダムがパンがたくさん入ったかごを細い腕で何度も持ってきてくれます。
どのパンも美味しくて選べないとのことで量も多くなってしまったそうです。
こんなに美味しいパンが食べれるって幸せですね♡
バゲット、チャバタ、ミルクパン、クルミのパンと2種のレーズンを練り込んだパン、黒糖のパン

ルイ ニケーズ NY ブリュット レゼルブ 1,800円
CIMG3265-1.jpg
最初は泡を頼みました。


キンキの干物仕立て 古代米のチュイール、トマトのソースを乗せて
CIMG3268.jpg
上にはハーブのディルが乗せられています。
チュイールのパリパリ感とキンキのふっくらさ。
一口で食べてしまうのはもったいなかった。


そば粉のガレット
CIMG3266.jpg

CIMG3271.jpg
竹炭が生地に練り込んであります。

CIMG3274.jpg
甘エビとたいが入っており、紙で包み込み頂きます。


バケッドラビットのパンの白海老サンドイッチ
CIMG3276.jpg
缶が出てきました。


CIMG3279.jpg

CIMG3281.jpg
中を開けると、かりっと焼かれたパンに
サクサクの白海老のフリットが乗ったものが入っていました。
うまく食べないと白海老がポロポロ落ちてきちゃう。
ハーブのきいたタルタルもとっても美味しかった。


パセリセルフィーユ
CIMG3291.jpg
見た目がわらび餅みたいですね。
さつまいもみたいな甘い味でなめらかでほっくりしていました。


ふきのとうのケーキ
CIMG3285.jpg
どこにいるかわかりますか?
完全に同化しています。

CIMG3289.jpg
ふわふわのケーキです。こちらも手でつまんでパクリ。
上にはバゲッドラビットのミルクパン クリームチーズ セルフィーユ ハーブ
ふきのとうの苦味が先に感じられ、その後はクリームチーズの味が感じられます。


セロリラブ
CIMG3299.jpg
セロリの根っこ キャベツパウダー、アレッタ ホワイトアスパラのソース
長時間ローストした根セロリです。セロリ感は全く無く美味しい。
セロリ嫌いな人にも食べてほしいです。
緑のはキャベツパウダー。


ミルクパン、テロワール
CIMG3302.jpg

CIMG3320.jpg


縮みほうれん草 ハコベパウダー
CIMG3306.jpg
縮みほうれん草甘くて美味しいので大好きです。


豚 鶏とアサリのスープ
CIMG3316.jpg
豚をゆらゆらして取った出汁のスープ。


CIMG3328.jpg
ほうれん草の下に豚と鶏とあさりがかくれています。
パンのチャバタにつけて食べると美味しいですよと言われたのに
全部飲んでしまって残った少しの汁につけましたがパンにお出汁が染み込んで美味しかった。


聖護院かぶ ナスタチウム 紅芯ダイコンのパウダー
CIMG3322.jpg
お口直しにと出てきました。
一口かじるとじゅわっと水分が口の中に溢れ出します。
パウダーの赤色も美しい。


カリフラワー油掛け焼き 水きりヨーグルトとミルクソース
CIMG3332.jpg
こちらは手のかかる子で、4分ごとに油をかけて焼いたそうです。
その日の状態によって油を掛ける間隔と時間は違うとのこと。
時には7分、5分と状態を見てシェフが決めるます。
表面はカリッと少し苦味もあります。
中はジューシー。甘みがとても強いです。
カリフラワーが苦手な方も大好きになってしまうそう。

CIMG3335.jpg


ドメーヌ・マルク・テンペ/ピノブラン ツェレンベルグ
CIMG3347.jpg
ワインリストに好きな「マルクテンペ」があったので思わず注文。
アロマティックな香りが大好きなワインです。


うずら カダイフ 白トリュフソース
CIMG3337.jpg
巣に見立てたカダイフにうずらの卵が2つ乗っています。

CIMG3344.jpg
シェフが上からたっぷり白トリュフのソースを掛けてくれます。
香りがとっても良くて倒れそう。

CIMG3348.jpg
店の中央には大きな木があります。

ナンバリングクッキー
CIMG3352-1.jpg
来店した人数をナンバリングしたクッキー。
0番と1番はシェフとマダム。
自分は何番だろうと楽しみながら頂けるクッキーです。
マスカルポーネチーズと黒トリュフバターのケーキ
早く食べないと思って食べたら結構時間たってから食べているのに冷たかった。
トリュフの香り、マスカルポーネの甘さクッキーのサクサク感が調和してました。


マナガツオ 天然きのこ
CIMG3357.jpg
天然キノコがごろごろと乗っています。


井深農園の野菜のサラダ
CIMG3369.jpg
ビネガーがしっかりきいたサラダです。
かなり酸っぱいです。

CIMG3376.jpg
野菜の下には、しっかり出汁のきいたごはんとおこげ。
ざくざくと交ぜて食べると味が変わって面白い。
ハーブが苦手な方は無理して食べないでくださいねとマダムからの優しい心遣い。

子羊の煮こみ ノコギリそう よもぎのパウダー
CIMG3377.jpg

CIMG3378.jpg
子羊の背肉とお豆。
大きなお豆にびっくり。
背肉なので少し脂の部分が多いかな。


子羊ロースト 生ハムと子羊のジュのソース もやし
CIMG3390.jpg

CIMG3393.jpg
すーっとナイフの入るお肉はピンク色が美しい。
お肉の下には乾燥もやしが敷き詰められています。
上にはキャベツがたっぷり。
ほんのり山椒の味も感じられました。


紫いものデザート
CIMG3398.jpg
シェフは端に置くのが好きなようです。
今日のお料理は、特に端においたお料理が多いそうです。

CIMG3402.jpg
香ばしいダコワーズが3つ刺さっており、
紫いもの下にはブルーベリーが隠れています。


ゆずのガレット
CIMG3403.jpg
とっても大きくてびっくり。
食べると柚子の香りがとてもします。


小菓子
CIMG3405.jpg

CIMG3408.jpg
上からも撮りました。

生キャラメル
CIMG3419.jpg
CIMG3421.jpg


ベイクドチーズ
CIMG3413.jpg


きな粉と黒糖 クッキー
CIMG3416.jpg


抹茶の甘納豆チョコレート
CIMG3424.jpg


ごまのクッキー
CIMG3422.jpg


ゼリー3種(シークワサー ブラッドオレンジ  ドラゴンフルーツ)
CIMG3414.jpg

CIMG3418.jpg


バゲッドラビットのパンで作ったクッキー
CIMG3415.jpg

カカオニブの入ったクッキー
CIMG3417.jpg


CIMG3410.jpg
飲み物は、「コーヒー、アールグレイ、ダージリン、ハーブティ」から選べました。
ダージリンと共にお菓子を堪能しました。
全部制覇しました。バゲッドラビットのパンで作ったクッキーとベイクドチーズが好み。

19時過ぎから始まり気づいたら23時30分なっていました。
4月よりお昼の営業をやめられるそうですが、
遠方からのお客様は電車等の関係もあり、来れなくなってしまうとのことで悲しんでいるようですが
落ち着いたらディナーの時間を早めて対応したいとおっしゃってました。

長い時間滞在しましたが、滞在しすぎて疲れるということもなく
マダムのかわいさとお料理に魅了され本当に楽しい時間でした。

CIMG3426.jpg
CIMG3429.jpg
CIMG3430.jpg
他のお客様がすべて帰られていたので、
飾ってある絵も素敵で食事の後にじっくり見させてもらいました。
マダムが少しづつ絵に付け足し、色つけをしているようです。

お誕生日とかの記念日に連れてきてもらったら感動しちゃいますね。
またおとぎ話を楽しみに覗いたいと思います。

店名 イレテテュヌフワ (Il etait une fois)
TEL 052-784-6084
住所 愛知県名古屋市千種区丘上町2-34-4 ハイネスヴィレッジ 103
交通手段 覚王山駅から399m
営業時間 [火~木] 18:00~23:00(L.O.20:00) [金~日] 11:30~15:00 18:00~23:00(L.O.20:00)
定休日 月曜日

Tag:千種区

エクアトゥール 東京 六本木

 10, 2017 07:02
またまた行ってきました。
東京都港区元麻布にあります「エクアトゥール」さん。

今回は、東京在住のお友達との会食です。
時間があったので駅から徒歩で行ったので、途中でお友達と合流できました♪

PC294296.jpg
今回は、初めての個室。
シェフの書いた絵が美しい。


PC294293.jpg

PC294292.jpg
まずは泡が飲みたいね~と注文しました。
お友達の好きな泡だったので喜んでいたら、
マダムから「最終日ですし、たっぷりお注ぎしますね。」と
うれしいお言葉をいただきました。

PC294298.jpg
乾杯♪

ワインはそんなに大量に飲めないけど料理に合わせたいとお話すると
少量にしてペアリングをすることに。
ワインを楽しみながら、お料理堪能しましょう♡

きんかん フォアグラ
PC294299.jpg
きんかんをくりぬいて中にフォオグラを詰めています。フォオグラの表面は軽くキャラメリゼしてあります。
フォオグラは口の中ですっと溶けます。
キャラメリゼは甘さが控えめで軽い苦味もありフォオグラの味を引き立てていました。


香箱ガニ コンソメジュレ 小じそ
PC294304.jpg
香箱ガニの卵と身のまわりにたっぷりのコンソメジュレ。
蟹の旨味とコンソメが同時に口の中に広がる贅沢な一品。

PC294309.jpg
パン①

PC294314.jpg


金目鯛ミキュイ
PC294317.jpg
からすみは、白ワインと日本酒半々で作った自家製のもので香りが素晴らしい。
金目鯛の中心部は、レア状態といっても良いです。その身は柔らかく
ぼらの白子のスモークしたソースをたっぷりつけて頂きます。
クリーミーなソースはパンにつけて余すことなくいただいちゃいます。


PC294326.jpg


オマールえびのポワレ、ふかひれ、白トリュフ
PC294329.jpg
今日はとても良い白トリュフが入りましたと言われテンションがあがります。
赤いのは新鮮なあかしだそうです。

PC294335.jpg
ぷりぷりのオマール海老、弾力のあるふかひれはこれは美味しすぎる。

PC294336.jpg


ふぐの白子フリット あおさのり 柚子
PC294342.jpg
カリッと焼かれたフリットと柔らかい白子が出てきました。
あおさのりの良い磯の香りと、柚子のすっぱい香りが
すくうたびに食欲を刺激します。


PC294344.jpg


宮崎A5ランク牛キャビアやまくらげ、めんま、牡蠣
PC294345.jpg
脂身の甘い柔らかい牛肉の上にキャビアがたっぷり乗っています。
中華の素材のやまくらげとめんまはしゃきしゃき感していて食べごたえがあります。
めんまは出来るまでに半年かかるようです。


PC294349.jpg
パン②


PC294352.jpg


伊勢海老  伊勢海老みそ&白味噌のソース
PC294355.jpg
今度は伊勢海老が出てきました。
伊勢海老の味噌のコクに白味噌のコクが合わさり絶品。
かぶとぎんなんが入っていました。
和の要素が強い一品でした。


PC294360.jpg


ブイヤベース仕立てのカッペリーネ タコのラグー
PC294362.jpg
九谷焼の器に入れられています。
香ばしく焼いた鯛が添えてあります。
タコは細かく入っており、
カッペリーネの濃厚なトマトソースのアクセントになっています。


PC294368.jpg

お肉料理は詳細があまり無くごめんなさい。

鹿
PC294366.jpg



received_1867029043529442.jpg
ベリーのソース


牛ヒレ
PC294367.jpg


栗のフォンダン
PC294369.jpg
ラムのアイスフォンダン。
マロンにラム酒とラムレーズンのアイスクリーム。


PC294378.jpg
フォークを入れるととろりと中からとろけだします。


きんかんのデザート
received_1867029040196109.jpg
お友達のデザート。
韓国で買った美しい器に入っていました。
さっぱりとしたデザート。


アップルパイ 紅茶のアイス
PC294371.jpg
見た目アップルパイに見えませんよね。
斬新なデザートでした。


PC294376.jpg
最後はコーヒーとカヌレ。

今度は今年最後となる「カゲロウ」へお邪魔することになっています。
初めてのカゲロウで最後となってしまいますが、楽しんできたいと思います☆

店名 エクアトゥール
TEL 非公開
住所 東京都港区元麻布3-6-34 カーム元麻布 2F
交通手段 六本木駅徒歩12分 麻布十番駅徒歩13分
営業時間 平日 18:00~23:00 日曜、祝日  12:00~15:00 17:30~22:00
定休日 不定休  夏季休暇7月~9月

ラ・ヴィーニュ (La Vigne)

 03, 2017 07:19
京都の帰りに大阪に寄ってきました。
大阪の中心部「心斎橋」にあります「ラ・ヴィーニュ 」さん。

CIMG0467.jpg

半個室が利用できるコースを頼んでおきました。
入り口すぐなのでお客さんが来るとちょっと気になりました。

CIMG0471.jpg
ちょっと急いだので喉が渇きました。
乾杯しましょう♪

早速コースが始まりました。
一休でお願いしたので、一休特別コースです。 4,860円
大切な人の誕生日のお祝いに『一休の誕生日におすすめのレストラン特集』


前菜盛り合わせ
CIMG0473.jpg


蕪のスープ コンソメジュレオリーブオイル
CIMG0474.jpg
蕪のスープの上にはハーブのようなものが散りばめられていました。
ジュレとスープをまぜまぜして頂きました。


サーモンテリーヌ(ブロッコリー、トマト、パテ)
CIMG0475.jpg
パテは、スモークの香りがしました。
サーモンは大きく食べごたえあり。


平目のカルパッチョ、リンゴのドライフルーツ、サワークリーム
CIMG0476.jpg
下には蓮根やパプリカのピクルス
カルパッチョは、サワークリームでさらにあっさり。
ピクルスは酸味が強すぎた~。


生ハムと柿
CIMG0477.jpg


全粒粉パン
CIMG0480.jpg


ホタテのスフレ 鱈の白子柚子の泡 ブールブラン(バター酸味のあるソース)
CIMG0483.jpg
スフレの表面は色がつくまで焼かれていますが、中は白くてふんわり。
ホタテの味がしっかりしました。
白子はこんがり焼かれていたのでとろーり感がなかったのがおしい。
酸味のある柚子の泡と白ワインビネガー入りのソースでさっぱりと。


CIMG0487.jpg


小鴨ロースト
CIMG0488.jpg
ワインの写真を撮ってたら小鴨の写真を撮り忘れました。
少しナイフをいれてしまいました。
皮目にアーモンドを塗りこんがり焼いてあります。アーモンドが甘いのですが鴨と濃厚な赤ワインソースによく合います。
つけ合わせは、サツマイモ、ヤングコーン、いんげんです。

デザート
CIMG0496.jpg
パッションフルーツのソルベ、オレンジピール入りケーキ、クレームブリュレ
さっぱりしたケーキとソルベにバニラビーンズたっぷりのクレームブリュレ。
ピールが大きく入ったケーキもしっとりふんわりが絶妙でおいしかった。

CIMG0498.jpg
ドリンクは紅茶を頼みました。

CIMG0500-1.jpg
最後は、お誕生日祝いでケーキ。
生クリームの上には薄く切られたイチゴが花びらのように乗ってました。
お腹が一杯のはずなのに食べれました✨


最初入った時に小さなお子様もいたのでお子様も良いお店なのかな。

最後はお誕生日祝いを無事することができました😊

店名 ラ・ヴィーニュ (La Vigne)
TEL 06-6251-1630
住所 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-3 エースビル B1F
交通手段 心斎橋駅 徒歩1分
営業時間 11:30~15:00(14:30) 17:30~26:00(25:00)
定休日 無休

Tag:大阪府

一穀一枝 (いちごいちえ)

 01, 2017 07:38
身体に優しいフレンチを食べてきました。
名古屋市東区にあります「一穀一枝 (いちごいちえ)」さん。
シェフがお一人でやられているお店です。

CIMG1252.jpg

CIMG1251.jpg


CIMG-1256-1.jpg
乾杯しましょう。美味しいシャンパンで乾杯です。


アミューズ
CIMG1263.jpg
フォアグラのグジェール/フォアグライチヂク/石川イモと



CIMG1270.jpg
ハンガリーのフォアグラのグジェール
柔らかいクリームのフォアグラグルージュはシューごと手に持ってパクリ。
生地にチーズが入っているの良い香りがします。


ドライ白いちじくに固めのポーランド鴨のフォアグラ。
甘いいちじくをコクのあるフォアグラが包んでくれます。
ほろ苦いキャラメルやコーヒーのような味です。


石川イモ(さといも)と 利尻のウニ
サクサクに揚げた石川イモにウニがたっぷり乗っています。
シンプルな味付けなのでウニの甘みと香りが引き立ちます。

前菜 京野菜と京地鶏のテリーヌ
CIMG1275.jpg
京かんざし(ミニ金時にんじん)、下仁田ねぎ、京地鶏のむね肉、京みずな、聖護院かぶ
、紫白菜、えびいもなどたっぷり入ったテリーヌ。
味付けは薄味で野菜の甘みやみずみずしさを存分に楽しめる一品。
京地鶏のむね肉もしっとりしていました。


温前菜1 ウチワ海老とリードヴォーの軽いロティ
CIMG1283.jpg
軽く炙った香ばしいウチワ海老の下に子牛ののリードボーのロティ。
マデラシュの酒のソースがかかっています。
カシューナッツの食感がアクセントになっていました。
一つづつ味わい。同時に味わい楽しみました。


CIMG1296.jpg
泡がなくなったので白ワインを頂きました。


温前菜2 原木シイタケと千葉県赤アワビのパイ包み
CIMG1288.jpg
パイは切り込みが入れてあります。崩さず綺麗に食べれますね。

CIMG1295.jpg
パイの中には層になったシイタケとあわびが敷き詰められてました。
黒いソースは、ですみいか、トマトなど色々焦がしたものでバスクソース


スープ 真鱈白子とユリ根のスープ
CIMG1299.jpg
フレンチというより和のスープです。
菊花とセリの入った地鶏のスープ。
ほんのりピンク色をした白子と
食感を残しているけどほっこり柔らかいゆり根がたっぷり入っています。
クリーミーな白子が口いっぱいに広がります。


お魚 長崎県天然クエのロティ
CIMG1306.jpg

CIMG1301.jpg
今月はクエをたくさん食べてますね。
貴重なクエをこんなにたくさん食べれるなんてなんて幸せなんでしょうか。
皮目をしっかり炙り身は脂をかけながらふっくら調理したもの。
魚の中心はレア感が残るように作られてます。

CIMG1324.jpg
ここで赤ワイン

お肉 北海道 エゾシカのロティ 静岡県萬州豚のグリル
飛騨牛舌70℃36時間の赤ワイン煮
(+2,200)
CIMG1321.jpg
3人で一つずつ注文したら盛り合わせてくれました。
大きなキノコがたっぷり。エゾシカのロティは、マッシュルームソースで。豚は甘みを感じながらそのままで。
飛騨牛舌は赤ワインソースをたっぷりつけて頂きました。
国産の牛タンはとっても貴重のようです。

お肉ってお腹にたまりますね。
お腹がはち切れそうで全部食べれるか心配になりましたが全員なんとか完食。

さ~次はデザートと思ったら、次にお米がありました。
大丈夫かな。
心配になってきました・・・。

米 越前ガニのバスクパエリア
CIMG1328.jpg

CIMG1329.jpg

CIMG1331.jpg
お塩を使わず蟹のお出汁だけで炊いたパエリア。
おこげもほんのりあって美味しい。
いつの間にかなくなっていました。

シェフのお話では最後にお米を出すのでパンを途中でだしていなとのこと。
夜はフレンチ割烹のお料理にしているそうです。

デザート 苺のパルフェCIMG1338.jpg
あんぽ柿、あまおう、ミルクアイス、ピスタチオ、オレンジと山椒のメレンゲと
たくさんの素材が入ったデザート。


CIMG1340.jpg
最後はコーヒー。

お肉で断念しそうになりましたがお米が優しくデザートまでしっかり食べれました。
シェフお一人でやられているので夜は2組のみしか入れていないそう。

コース以外にもカウンターではシェフと話し合いながらアラカルトもできるそうです。

とてもアットホームでお客さんと向き合いながら丁寧にお料理を作られていました。
今度は、アラカルトを食べに伺ってみたいですね。

店名 一穀一枝 (いちごいちえ)
TEL 052-325-4710
住所 愛知県名古屋市東区主税町4-13 リヴェール桜 1F
交通手段 尼ケ坂駅から698m
営業時間 ランチ 1部:11:00~ 2部:13:00~
       18:30~22:00(L.O.20:30)
定休日 月曜日

Tag:東区

WHAT'S NEW?