Au fil des Saisons パリ フランス

 16, 2014 09:17
ベルギーからフランス帰ってきました。

今夜のディナーはフランス在住の方のブログに載っていたお店を
これまたインターネットで予約。
海外のレストランの予約は敷居が高いですがインターネットなら翻訳機能も使えて
楽々?とできちゃうので嬉しいです。

コースはフランスにしては破格の値段。
オーナーらしき方が一人でホールを担当しています。
子供にも見知らぬ外人の私たちにも優しく接してくれました。

P8164623a.jpg
手作りポテトチップスです。

☆モアル☆
P8164629a.jpg
牛の骨髄です。脂が多くてちょっと苦手でした。

☆ラビオリ☆
P8164626a.jpg
チーズが濃厚。暑いうちうに食べるととっても美味しいです。

☆オーソンブッコ☆
P8164630a.jpg
料理の確認のためにガイドブックの中に載っていた写真を見せると
これとは使っている部位が違うよ。と教えてくれました。
とにかくお肉の部位に詳しいです。

P8164633a.jpg
シンプルで一番安心出来ました。

☆マカロン☆
P8164636a.jpg
甘いマカロンですがソルベが乗っているのでちょうどいい甘さになります。

☆チーズケーキ☆
P8164638a.jpg
濃いです。下には砕いたクッキーのようなものが敷いてあります。

お店に入った時は空いていましたが21時近くになるとどんどんお客さんが入ってきました。
料理の素材を勉強してまた訪れたいと思います。

住所: 6 Rue des Fontaines du Temple, 75003 Paris, France
電話:+33 1 42 74 16 60
営業時間: 本日営業 · 19時00分~0時00分

Tag:フランス

Le Relais Boccador パリ フランス

 06, 2014 09:32
再びフランスに戻ってきました。

本日買い物の日。
朝から買い物へ出かけ途中でランチを取ることにしました。
お店はブランド店が並ぶ通りからすぐでした。

P8144561a.jpg
P8144563a.jpg

お店は小さめだが伝統的な造り。
ショーットカットの美人な店員さんが迎えてくれました。

本日はコースを頼むことに。(26ユーロ)
「スターターとメイン」か「メインとデザート」のコースになります。

私達は前者のコースを選びました。
2人で別の種類を頼みシェアしました。

☆パン☆
P8144564a.jpg

P8144565a.jpg
オリーブもフレッシュで絶品。

☆えんどう豆の冷製スープ☆
P8144569a.jpg
あっさりとおもいきや濃厚でした。

☆小さいピザ☆
P8144566a.jpg
お野菜たっぷりのトマトとオニオンのシンプルなピザ。
さっくりしていて食欲をかきたてます。

☆カルボナーラ☆
P8144570a.jpg
クリーム感の強くないカルボナーラです。大人なカルボナーラです。

☆ペコリーノチーズのジャガイモのニョッキ☆
P8144573a.jpg
こちらはチーズたっぷり濃厚でした。もちもちのニョッキによく絡み最高でした。

パリの中心にあるにも関わらず静かで落ち着いて頂けるお店でした。

店名:Le Relais Boccador
住所: 20 rue du Boccador, 75008 Paris, France
電話:+33 1 47 23 31 98

Tag:フランス

タリスの旅 フランス→オランダ

 09, 2014 09:09
オランダ

朝5時半ぐらいに起きてタリスでオランダまで行ってきました。
所要時間3時間半。

1等車と2等車とありますが朝食が付く1等車にしました。
タリスは早めに取ると安いので2等より安い場合があります。
早朝の便と夜遅い便も安いです。

P8114335a.jpg
パウンドケーキにマーマレードとフルーツ。

P8114336a.jpg
チーズにフルーツにハム。

朝食は2種類から選べます。
ドリンクは何度も聞きに来てくれます。

基本は静かですがオフィスの始まる時間になるとサラリーマンが乗ってきます。

サラリーマンの他に犬を連れてた人が入ってきてたので犬もOKなんでしょうね。
かなりの大型犬でした。

2人だと1等だと向かい席をお勧めします。トイレにも行きやすいしテーブルも気にせず使えます。Wifiも無料です。
2等は横並び席。席の間が狭いです。

荷物置き場はありますが数が限られているので入口の荷物置き場が一杯になると
座席の上に置かなくてはなりませんので早めに乗ることをお勧めします。

Tag:フランス オランダ

L'Obscur - Hôtel Scribe  フランス

 07, 2014 21:33
お昼はホテル内にあるバーで頂く事に。
オペラ座の近くにあるホテルは夏休み期間中もあって
静かです。

P8104317a - コピー
シャンパンを頼んだのでご一緒にどうぞと出てきました。
ナッツとブラックオリーブです。

海外の一皿は多いのが分かっていたので2皿をシェアしました。
それでも十分な量。

P8104319a.jpg
P8104321a.jpg
大きなきゅうりの中にトマトなどの野菜やエビなどがたっぷり。

P8104318a - コピー

☆Saumon à l'unilatéral, vermicelles cuisinés comme un risotto à l'encre de seiche, purée de piquillos☆
P8104327a.jpg
サーモンが火入れが良く程よいレア感が楽しめます。
下に敷いてあるイカスミリゾットは硬めです。食べていると口の中真っ黒。

最後の大きなワゴンに乗ったデザートを持ってきてく「何が良いか?」聞いてくれますが
おなかが一杯で食べられませんのでお断りしました。

他の方はデザートを頼んでいる方が多かったです。

料理の値段も安いとは言えませんがシャンパンやワインがとっても高くてビックリしました。
お酒代だけで7000円ぐらい使ったでしょうか。(2人で4杯ほど)

立地の良さホテルの中ということで高いのでしょう。お料理は手が込んでいて大満足でした。

L'Obscur - Hôtel Scribe
1 rue Scribe
75009 Paris
For Sunday, 10 August 2014 at 13:30

Tag:フランス

ルーブル美術館で歩き疲れたので美術館内にあるカフェでお茶をしました。
美術館にはいくつかのカフェがあります。目についたカフェはカフェ・リシュリュー(アンジェリーナ)。日本にもありますね。

P8104301a.jpg

P8104302a.jpg

P8104303a.jpg

紅茶とフレジエとモンブランを注文。
高級感漂う内装を楽しみながら頂きました。

店員さんは明るくフレンドリー。
海外の店員さんは本当に楽しそうに働いていますね。

お会計はマダムがしてくださいます。

御昼が迫っていたので軽く頂いただけですがゆっくりランチを楽しんでいる
お客さんもいました。オープン間際に行くと空いています。私たちがお茶している間にも
どんどんお客さんが入ってきていましたのでタイミングをずらすことをお勧めします。


Musee du Louvre | ルーブル美術館内 リシュリュー翼2F, 75058 Paris, France
(ルーヴル美術館、リシュリュー翼2階、ナポレオン3世の居室と美術工芸品部門の展示室の間)
営業時間
火曜休館日を除く毎日、10時から17時まで 
水・金曜日の夜間開館日は21時まで
学校休暇中の水・金曜日は20時まで

Tag:フランス

WHAT'S NEW?